顧客情報、予算情報などを記録でき、CRM管理として活用
CRM機能ではアカウント毎のみならず、対象の担当サービス・クライアントに応じた予算情報や、担当者など、それに紐づくプロパティ情報を保管する事ができますので、全体のPJT管理にも役に立ちます。
ここのデータは、ダッシュボード機能の視点としても紐付けて、活用する事ができます。

その他、入力された内容はExcelレポートへ自動出力する事ができますので、クライアントへの請求書フォーマットを用意し、レポート作成する事も可能です。
入力した情報からExcelレポートへ自動算出可能

また運用履歴も搭載しており、行ったアクションをデイリー単位で記録する事も可能です。またここもglu内でデータ化されていますので削除しないかぎり残し続ける事ができます。

ユーザーで好きな形にフォームが作成できます。(以下、フォーム例)
タスク管理や、施策内容を管理する事でノウハウを蓄積。

こちらも、蓄積されたノウハウデータをExcelレポートへ自動出力する事も可能です。