デジタルマーケティング支援企業のアタラ合同会社(本社:神奈川県横浜市、CEO:杉原剛、以下、アタラ)は、2015年10月21日(水曜日)に、提供している運用型広告レポート作成支援システム「glu(グル―)」がマルチリンガルに対応したことをお知らせいたします。

今回の対応により、gluを日本語以外の言語でも使用することができるようになりました。ユーザー単位で、メニューを日本語以外の言語に変更することが可能です。まずは、英語版から提供を開始し、今後も他の言語に対応する予定です。日本国内や海外で日本語以外の言語を使う運用担当者がいる場合、海外現地法人でgluを活用する場合などに使えます。

運用型広告レポート作成支援システムgluは、リスティング広告、ディスプレイ広告、アフィリエイト広告、アクセス解析、広告効果測定ツール、キャンペーン管理ツール、CRMなど、さまざまなマーケティングデータを集約し、統合的な「見える化」を支援します。マーケティングキャンペーンで取得するデータを自動的に収集、レポート化するだけでなく、ウェブ上にて多様な角度で分析することも可能です。

詳細は以下のリンクからご覧ください。
http://www.atara.co.jp/pr/glu-multilingual.html

2015.10.21