デジタルマーケティング支援企業のアタラ合同会社(本社:神奈川県横浜市、CEO:杉原剛、以下、アタラ)は、2016年11月15日(火曜日)に、提供している運用型広告レポート作成支援システム「glu(グルー)」とマーケティング・アナリティクスのグローバルイノベーター、Datorama Japan株式会社(デートラマ)との接続を開始したことをお知らせいたします。

gluは、Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告、Facebook広告、Criteoに代表される国内外の各広告媒体・ツール、約20と連携し、各データを自動的に集約、運用広告管理を一元化し、レポートを自動作成しています。Datoramaとのデータ接続を通じて、運用型広告データのダッシュボード化とDatorama側が取得する非運用型広告データ(純広・動画・テレビ等)、売上や予算データを統合し、ダッシュボード化。予算進捗管理から各種KPIの管理を実現。そのダッシュボードを通じて、広告に関わる社内外のステークホルダーが各種KPIやデータを共有することで、意思決定の迅速化はもちろん、マーケティング活動全体の透明化が実現できるようになります。

詳細は以下のリンクからご覧ください。
http://www.atara.co.jp/pr/datorama_glu.html

2016.11.15