1日の三分の二を費やしていた進捗管理工数の大幅圧縮に成功



株式会社サイバー・コミュニケーションズ (写真)小川純平様(左)、志田俊輔様(右)

国内有数のデジタルマーケティング企業である株式会社サイバー・コミュニケーションズ様は、1日の三分の二を進捗管理に奪われており 、手作業による工数過多や作業ミスのリスクに課題を感じておられました。gluを導入後、進捗管理に費やす時間が短縮され、 業務効率が飛躍的に向上したそうです。ビジネスプロモーション・ディビジョン チーム・マネージャーの小川純平様と同チームの志田俊輔様に、アタラの執行役員 シニアコンサルタントの清水一樹がglu導入の経緯から導入効果、gluへの期待までを伺います。

株式会社サイバー・コミュニケーションズ
http://www.cci.co.jp/
ビジネスプロモーション・ディビジョン
チーム・マネージャー
小川純平様
ビジネスプロモーション・ディビジョン
志田俊輔様

御社およびお仕事についてお聞かせください

小川:弊社は媒体社、広告会社それぞれにデジタルマーケティング全般のサービスを展開しています。その中で私どものチームが担当しているのはSEM広告の運用業務になります。
私はこれまでソーシャルメディアの運用やコンサルティングに携わっていましたが、2017年4月現チームのマネージャーという立場で今のチームに参画致しました。

志田:私は小川のチームに所属し、SEM広告の運用やレポーティング業務を中心に担当しています。アタラさんとのやりとりが始まった当初からSEMに携わっています。

glu導入前に抱えていた課題についてお聞かせください

志田:もともとは別のツールを使っていましたが、柔軟性が低いという弱点があり、クライアント様のニーズに対するこちらからのアウトプットが限定的になっていました。そこで「もっと横断的に見られるものはないか」といった話の中で御社のgluに出会いました。

清水:カスタマイズしたレポートへの対応が難しかったわけですね。

小川:取得しないといけない項目が増えてきたので、より柔軟に対応できるようにしていかなければならないということもあり、御社のgluが候補に挙がりました。

清水:将来を見たとき、カスタマイズされたレポーティングに対応していかなければならない。その際、gluを使うほうが良いだろうってことになったわけですね。

glu導入の決め手となった理由、きっかけをお聞かせください

小川:我々が抱える課題に対して解決の可能性を考えたときに、御社がご提供くださるサービスと価格が決め手になりました。実際の現場を見てもレポートの柔軟性が挙げられます。まずはSEM領域からのスタートとなりましたが、加えて他のメディアへの拡張性もあることが導入するきっかけとなりました。

志田:これまで利用していたツールではYahoo!プロモーション広告とGoogle AdWordsにしか対応できていませんでしたが、時代とともにDSPやソーシャルも増えてきているので、それらにも対応したいと思いました。そのため、メディア側はもちろんのこと、ツール側のデータとも連携できるような、拡張性があるgluを選んでおけば、今後も柔軟に対応できるのではないかと考えたわけです 。

ご導入いただいたglu のプラン・オプションについてお聞かせください

清水:ご導入いただいたgluのプランは「Premiumプラン」で、導入オプションは上記でもご紹介いただいた「ダッシュボードオプション」と、「オートコンパイル」、そして様々なメディア連携を導入頂いておりますが、どうしてこれらを選ばれたのでしょうか。

志田:今に始まったことではないのですが、レポーティング業務の人的リソースを自動化したいのは、いろいろな会社が共通で持っている悩みだと思います。
弊社もそこは当然考えていて、gluのオートコンパイル機能を用いれば、自由なレポートフォーマットを自動で作成することが出来る。こちらのオプションは必須だと感じました。
それに加えてglu上でも項目を切り替えながら、さまざまな視点でパフォーマンスを管理しています。

清水:特にgluの機能の中で一番活用されているのは、どちらでしょうか。

志田:一番メインで使っているのは「オートコンパイル」の部分です。

清水:「オートコンパイル」はどのくらいの頻度で、どのように使っているのでしょうか。

志田:各メンバーが毎朝、「オートコンパイル」を使い、自案件の進捗管理をExcelファイルで自動生成しています。
本来であれば、昨日までの数値を一つ一つダウンロードしながら配信状況を確認していきますが、その作業工数を削減することが出来ました。
さらに、社外向けのレポーティングに関しても週次レポート、月次レポートと柔軟に使っています。

清水:自動生成する頻度としては、毎日、週次、月次と3パターンでオートコンパイルを活用されているんですね。

小川:今、gluが止まったらすごく負荷がかかるだろうなって思います。正直なところ、gluありきで動いています。

導入後の効果についてお聞かせください

清水:もし、gluを導入していなかったら、何時間くらいの業務になりますか?

志田:計測はしていないので具体的な時間は出せませんが、前ツールの利用終了からgluを導入するまでの数カ月、全ての作業を手動で行っていた期間があり、当時は進捗を管理するだけで14時を過ぎることもありました。
そこからレポート作成や運用改善施策の策定など、その他の業務を行うかたちです。それが今では出社した段階で進捗管理が終わっていると。レポーティングに関してもオートコンパイルを使っているので、ほぼワンクリックで落とせる。圧倒的です。

清水:朝から14時までというと、定時時間内の三分の二は使っていますね。gluを導入してそれが大幅に圧縮できたわけですね。それを1ヶ月で考えてみると、凄い時間が削減されていますね。

志田:大きいですね。

小川:gluを導入して「速いな」って思いました。しかも、ミスなく出せるのもいいですね。gluを起動していても、他の作業が止まることもないのもメリットです。

清水:管理職の立場ではメンバーの生産性を上げていく、評価をしていくといった点でもglu導入前後で変わってくると思います。1日の三分の二も進捗管理に使っていたけれど、その時間がほとんどなくなったら、どうパフォーマンスを上げられるかで評価ができるのかなと。

小川:一定の基準を設けて判断できることもそうですし、運用系媒体は属人的になりがちであり、うちのメンバーも経験が長いものから初めての者もいます。それでも一定レベルの運用水準を保たなければならない。そういうところでgluが役に立っています。また、glu導入前はチーム案件を一括管理できておらず、チーム全体でいくつの案件が動いているかを把握することが困難でした。それがgluを導入したことによって、チームの今月の案件一覧をオートコンパイルでアウトプット出来るようになり、各メンバーが「今月はこの案件を対応しています」というのを全部、可視化できるようになりました。更にはクライアント様の KPIを何パーセント達成できたかをメンバーごとに集計し、評価に使っています。

清水:時間の使い方が変わると利益を生む体質に変わってきます。1日の三分の二は進捗管理というパフォーマンスを上げる仕事ではないことに使っていたのが、今は利益を上げる仕事に使えるようになった。すると売り上げも伸びていく。それはgluとしても非常に嬉しい結果です。

glu のどこに魅力を感じていらっしゃいますか

小川:柔軟性の部分です。前のツールでは決まった項目しか出せませんでした。でも、gluはコードを書き換えれば柔軟に対応できるのが魅力に感じています。

志田:クライアント様が求めているフォーマットや「うちはこういう指標で見なければならない」といったところに、すぐに適応できること。これまではその要望にこたえようとすると手作業が増えて工数がかかったり、ミスが増えたり、集計漏れがあったりしたんですが、それが解消されたのは大きいですね。

清水:人がこの手の業務をやっていると、どうしても起きることですよね。

これからのglu に期待することをお聞かせください

小川:現在は横断的に各メディアの数字自体を見ることはできるんですが、過去実績をまとめたデータを一定のくくりで取り、過去の実績データと比較して効果がいいか、悪いかの判断軸になるような指標を設けたいですね。その視点ができれば、シーズナリティな要素や業界トレンドも分かってくるかと。そういうことも出来るようになると、よりいいかなって思っています。

清水:時間が解決されたら次はパフォーマンスを上げる、成果の背中を押すgluであってほしいというのが、お二人の共通の期待なのかなと思っております。その期待にお応えできるようにしますので楽しみにしていてください。貴重なお話、ありがとうございました!