アナグラム株式会社 gluの事例紹介

gluを導入して、レポート作成時間を1日に 人の頭を使わなくてもよい作業はgluで自動化


アナグラム株式会社 gluの事例紹介
アナグラム株式会社 テクノロジーエキスパート 田中広樹様(Hiroki Tanaka)

リスティング広告コンサルティング専門企業のアナグラム株式会社様は、リスティング広告を運用するにあたり、人の頭を使わなくてもよい機械的な作業に費やす時間を減らし、効率化したいという課題を抱えていらっしゃいました。gluを導入し、毎月のレポート作成を行うのに、従来かかっていた作業時間が半減、また、必要な作業自体も3割から4割ほど減らすことができたそうです。同社 テクノロジーエキスパートの田中広樹様に、glu導入の経緯や、gluを活用したリスティング広告運用の効率化への取り組みについてお聞きしました。

田中さんのお仕事を、お聞かせいただけますでしょうか

基本は、リスティング広告の運用をメインにやっています。最近は、人の頭を使わなくてもよい機械的な作業を効率化させることが大きなミッションです。たとえば、リスティング広告の運用レポート作成作業のうち、どのレポート作成にも共通なルーティーンワークの部分は極力自動化して、そこで浮いた時間は違うところで頭を使ってもらえるような環境を整えるという役割を一手に担っています。

glu導入前に抱えていた課題について、お聞かせください

gluの導入前は、毎月手動でリスティング広告の管理画面からレポートデータをすべてダウンロードし、エクセル形式のレポートにまとめた上で、そのレポートデータを請求作業に使う、パワーポイントの形式のレポートにまとめるといった作業を、すべて個人が行っていました。エクセル形式のレポートの作成にあたっては個人によって処理能力に差があり、ミスが発生することもあれば、そのミスがないか確認を行うといった作業にかかる時間が、個々で異なるといった課題がありました。また、担当する案件数が増えれば増えるほど、作業負荷が増えるという課題もありました。

glu導入のタイミングについては、社内でどのような要望がありましたか

弊社内では、どのようにしたら、早く、ミスも少なくレポートを作成することできるかという点が課題でした。作業を効率化できれば、効率化によって確保できた時間を、もっとお客さまのために使えると考えているからです。

そういった課題の中で、glu導入の決め手となった理由、きっかけをお聞かせください

すべてを自動化して出せる点はもちろんのこと、一番魅かれたのは、レポートのテンプレートを自由にカスタマイズでき、しかもエクセル形式で出力ができるという点です。gluのテンプレートは定型のものしか提供されていないというわけではなく、gluのユーザーが自由にカスタマイズすることができるので、自社の特色をレポートでも打ち出せ、且つ、お客さまのニーズにあったレポートを自由に作れるという点が決め手になりました。

アナグラム株式会社 gluの事例紹介

価格は見合ったものでしたでしょうか

はい。レポート作成にあたり、個々の作業にどれくらいの時間が必要か、今後どこまでgluを活用できるのを総合的に判断して、価格は見合っていると思います。

いま、ご導入いただいている glu のプラン・オプションについてお聞かせください

ベーシックプランとExcel 自動作成オプションです。

導入後の効果についてお聞かせください

これまで、レポート作成はエクセルを使ってすべて手作業で行っていて、作成作業から確認作業まで含めると、全てのレポートが作成完了するのに2日かかることもありましたが、glu導入後は、これら一連の作業が1日で終わるようになりました。また、請求書を作成する上でもgluを活用するようになったのですが、gluだとリスティング広告の管理画面と同じデータが取得でき、そのデータをそのまま使って、自社で作成した請求書用テンプレートにより請求書を作る事ができるので、数字のズレや間違いが出ない点が良いなと感じています。請求作業も導入前より3割から4割は減っていると思います。もしかしたら、それ以上減っているかもしれません。

他の作業へ時間を費やせるようにはなりましたか

はい。1日あれば最低限必要なレポート作成作業が終わるので。導入前とくらべて、半日?1日分の時間が浮くようになりました。gluによる作業効率化によって浮いた時間分、gluで作成したレポートを元に、次にすべきアクションを考えたり、他の作業を進めたりすることに時間を費やせるようになりました。運用のチューニングであったり、新しいことへのチャレンジであったりです。実際に軌道に乗ったのが、ここ1、2か月ですので、効果を実感するのは、これからだと思います。glu運用の開始後もレポートテンプレートを毎月、随時アップデートし、アップデートを重ねるたびに、作業の効率化が進められるようにしています。

gluをお使いになっているのは、どなたですか

全クルーです。すべてのレポートを手作りしていた時代を知っているクルーからすると「これほど楽になった作業はない」という声が出ています。ほぼミスもありません。もちろん、テンプレートが間違っていたらダメですが…。お客さまから高度なレポートを求められても、テンプレートさえできていれば全部自動でgluがやってくれます。頭を使わなくてもよい作業に時間を費やすことがなくなり、その分、他で色々なことができるようになって、よかったという話を聞きいています。

glu のどこに魅力を感じていらっしゃいますか

出力できるレポートのカスタマイズ性が高いという点です。管理画面のデータは、ほとんど取得できます。あとは、自分でそのデータを、テンプレートを通してどう調理するかといった、使い手に委ねられたシステムであり、お客さまの要望に応じたレポートが作れるのがgluならではの魅力です。しかも、毎朝、出社した頃には、前日までデータを使ったレポートができているという点も魅力です。

基本的には、レポート類のアウトプットするところをメインにお使いですか

基本はレポートの作成ですが、今後は、予算管理にも活用していきたいと考えています。社内からgluを他にも活用できないかといった声もあるので、今後も活用の幅を広げていきたいなと思っています。

これからの glu に期待することがあれば、お聞かせください

リスティング広告で新しい機能やテクノロジーが登場したときに、いち早く導入をする機会が多いのですが、glu側でそれらのレポーティングに対応するまでに時間がかかることがあり、データが取得できない期間が発生することがあります。gluで取得できないレポートは、手動で対応する必要があるので、gluを導入したメリットを享受できなくなってしまうため、できるだけ早く対応してもらえると助かります。あとは、マニュアルの充実ですね。

gluを導入してから、レポーティング作業が本当に楽になりました。7月からは請求書もgluを使って作成しています。これまでは、一つ一つ請求書を作るという手間のかかる管理をしていました。gluを導入してからは、数字のズレもなく、且つすべて自動で作成できるようになったので、請求担当者の作業も減り、だいぶ楽になっています。請求書ファイルを自動で作成したあとは、内容確認、印刷の後、封詰めして送るだけです。請求作業も、毎月、半日くらいかかっていましたが、大幅に削減することができました。さらに要望としては「請求書がgluから自動で発送されるようになったらいいね」という声はあります。

弊社がgluの活用に力を入れている理由は、人の頭を使わない作業を排除したいというのが大きく、人の頭を使わなくても良い単純作業を、人が作業することほど、もったいないことはないと思っているからです。

例えば、僕が5時間かけてレポートのテンプレートを作るのと、他のクルー全員が1日3時間かけて毎月手動でレポートを作成するのでは価値が違うと思っています。僕が5時間だけ頑張って、その結果、他のメンバーが楽になるほうが、仕事も進みますし、トータルのコストもメリットがあると思っているので、gluはできるだけカスタマイズして、今後も使っていきたいと思っています。gluの操作やテンプレートのタグ付け方法を覚えるまでに時間がかかりましたが、覚えてしまえば楽だなと感じています。

アナグラム株式会社 gluの事例紹介

貴重なお話、ありがとうございました!